脱毛 佐賀

MENU

光脱毛の仕組み、特徴などを詳しく解説します

脱毛には「光脱毛」「レーザー脱毛」「美容電気脱毛(針脱毛)」「ワックス脱毛」の4つがあります。

 

光脱毛は脱毛サロンで行ってくれる脱毛方法で、一般的には10代〜20代、30代でも行っている人が多いです。

 

一方レーザー脱毛は医療クリニックで行う脱毛方法です。脱毛は元々は医療行為になる為、出力の高い脱毛器は脱毛サロンでは扱えません。しかし、医療クリニックでは扱う事ができるので、レーザー脱毛は医療クリニックでしか受ける事ができません。

 

美容電気脱毛も医療で行う脱毛方法になりますが、現在は一部の脱毛サロンでも受ける事ができます。この脱毛方法は唯一の永久脱毛と言われていて、施術を行った瞬間からムダ毛の再生を完全にころしてしまい、二度と生えてこなくさせる事ができます。

 

ワックス脱毛は、いわゆるブラジリアンワックス脱毛といわれるもので、脱毛ように開発されているワックスを皮膚に塗り、毛とワックスが密着する性質を使って引きはがすことで毛を毛根から取り除く方法です。

 

ブラジリアンビキニワックス脱毛と言われたり、アンダーヘア脱毛などとも言われています。

 

では、これらの4つ脱毛方法うち、このページでは光脱毛に関して詳しく説明していきます。

 

 

光脱毛の特徴

脱毛サロンで受ける事ができる光脱毛は、出力の低い脱毛器を使用している為、永久脱毛効果はありません。しかし、完全に生えてこないようにはできないものの、抑毛効果があるので、ある程度の期間は生えてこない状態をキープする事ができます。

 

光脱毛はレーザー脱毛や美容電気脱毛とは違い、比較的痛みを感じる事が少なく、中には全く痛みを感じない人もいます。さらにサロンで手軽に受ける事ができるので人気が高いのです。

 

光脱毛の効果は、抑毛効果ですが、脱毛を受けてからすぐに変化が現れるというわけではありません。

 

通常2週間程度経った頃に光を照射した箇所の毛が抜け落ちていきます。この現象はポップアップ現象と言われています。

 

光脱毛の効果と仕組みを解説

光脱毛で照射される光はメラニン色素の黒い色だけに反応する波長を使用しているので、肌に負担をかけずにムダ毛の処理をする事ができます。

画像出典元:http://www.datsumouex.com/esthe-flash.php

 

光脱毛は毛周期といわれる毛のサイクルに合わせて照射をするのが一般的です。その理由は、光を照射しても効果があるのは成長期にあるムダ毛にしか反応しずらい為です。その為、2ヵ月〜3ヵ月程度は期間を空ける必要があるのです。

毛周期について

毛周期には大きく分けて4つの段階があります。

・成長期(初期)
・成長期(後期)
・退行期
・休止期

 

成長期に毛は生えて生きて、退行期に毛は毛根から離れ抜けやすくなります。そして退行期の段階で抜けた毛は休止期に入り、次に生えてくる準備をするのです。

光脱毛が数回に分けで処理をする理由

光脱毛でムダ毛を処理する時、1度では部位にある毛を全て処理する事はできません。

 

その大きな理由は毛周期が関係しているのです。

 

ムダ毛は頭髪以外は成長期にあるのは全体の約20%程度だと言われています。つまり、この20%が1度の照射で処理ができるムダ毛の割合という事になります。

 

その為、単純に計算して100%処理をするのには「20%×5回=100%」となり、これが成長期にあるムダ毛全てを1回分完了させる為に必要な回数という事になります。その為脱毛サロンでは、この回数をベースとして1回分多い6回がコースの最低処理回数にしているところが多いのです。

 

毛周期に合わせて脱毛は最低でも2ヵ月程度は空けなければいけないので、「2ヵ月×5回=10か月」となり、これが1部位に対してかかる必要な回数になります。脱毛プランだと6回がコースでは多いので、先ほぼの計算にプラス2ヵ月すればいいので、6回脱毛する場合は約1年かかる計算になります。

 

光脱毛の種類

光脱毛にはいくつかの種類があり、脱毛サロンによって使われている方法が異なってきます。

 

さらに、方法によってかかる期間も多少変わってきますので、どれくらいで完了させたいのかを考えて選んでください。

 

光脱毛には以下のような種類があります。

・SSC脱毛
・IPL脱毛
・SHR脱毛

上記の方法は、それぞれムダ毛に対してアプローチする方法や脱毛方法も異なります。

 

その為、脱毛完了までの時間も変わってくるので、それぞれの脱毛方法を詳しく解説していきます。

 

SSC脱毛

ミュゼプラチナムで扱っているのがSSC脱毛です。

 

SSC脱毛は痛みがなく、敏感肌でも施術を受ける事ができる脱毛として人気があります。

 

その方法は、抑毛効果のあるジェルを脱毛箇所に塗り、その上からクリプトンライトといわれる光照射する事で、ジェルの中に含まれていた有効成分がはじけさせてムダ毛に浸透させて処理をしていく方法です。

 

脱毛効果があるのは専用のジェルに含まれている有効成分の方で、クリプトンライト自体には脱毛効果はありません。クリプトンライトは有効成分を浸透させるのに最も効果がある専用の光であるというだけです。

ミュゼで使われる専用ジェルの有効成分

ミュゼで使われている専用のジェルに含まれている有効成分は、トレジャービーンズといわれるものにくるまった状態で含まれています。

 

このトレジャービーンズにクリプトンライトが照射されることでトレジャービーンズが弾け、なかにあるフェリニーブが溶け出て肌に浸透していきます。

 

SSC脱毛の脱毛効果はこのフェリニーブが浸透する事で発揮されるのです。

 

その方法は、メラニン色素に反応する脱毛方法に比べて、効果を発揮できる範囲が広く、産毛までしっかりと処理する事ができます。毛自体が細く薄い指の毛などは光脱毛では処理が難しい箇所の一つですが、SSC脱毛を使用する事でキレイに処理する事ができます。

SSC脱毛のメリットは?

SSC脱毛の大きなメリットは以下になります。

・痛みが少ない為、肌への負担が少ない
・美肌効果があるジェルを使用する為、黒ずみも解消できる
・細い毛や産毛にも効果を発揮する事ができる
・滑らせるように処理をするので施術時間が短い

最初にも書きましたが、SSC脱毛はとにかく痛みが少なく、脱毛の痛みを気にする人にはお勧めしたい脱毛方法です。さらに使用しているジェルは美肌成分も含まれているので、脱毛を受けるたびに肌をキレイにしてくれます。

 

有効成分であるフェリニーブを浸透させる方法な為、ムダ毛が薄かったり細かったりしても問題なく脱毛する事ができるので、他の脱毛サロンで断られた箇所の脱毛ができるのが大きな強みです。

SSC脱毛のデメリットは?

SSC脱毛にもデメリットがあります。

・完了までに時間がかかる
・完了までに施術回数がかなりかかる
・使用するジェルが冷たく不快に感じる
・日焼け、地黒の肌の場合は断られることがある

出力の低い光を使用している為、実感するまでに時間がかかったり、完了までの回数などがかかってしまう事がデメリットとして挙げられます。その為、完了までの時間をできるだけ短時間で行いたい人には少し不向きな脱毛方法です。

 

さらに脱毛方法の関係上はダニジェルを塗るのですが、このジェルが冷たい為不快に感じる人もいます。ただ、これはあくまでの個人差がありますので、気にならない人であればデメリットではないかもしれません。

ミュゼプラチナムへの申し込みはこちら

 

IPL脱毛

IPL脱毛は「インテンスパイラルライト」の略称の事で、キセノンランプというライトを使用して脱毛を行っていく方法です。

 

SSC脱毛とは違い、光の力で脱毛をしていくのが特徴です。

 

IPL脱毛仕組み

IPL脱毛は、SSC脱毛とは違い、メラニン色素(黒色)に反応する光を直接ムダ毛に照射する事で、ムダ毛の毛根にある毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて生成を抑える方法です。

 

IPL脱毛の光でダメージを与えられた毛乳頭や毛母細胞はタンパク質が熱変性を起こすので、ムダ毛が不再生化するのです。

 

このIPL脱毛で照射される光は広範囲に拡散するタイプの光である為、1点に集中するタイプに比べて肌へのダメージが少ない事が特徴で、さらに照射スピードも高い為、施術も早く済みます。

画像出典元:http://www.datsumouex.com/esthe-flash.php

IPL脱毛の特徴

IPL脱毛には大きく分けて3つの特徴があります。
・濃くて太い毛に対しては効果が高い
IPL脱毛はムダ毛に含まれているメラニンに対して直接反応する光を照射し、毛根にある毛乳頭に対してダメージを与えていく方法で脱毛をしていきます。

 

その為毛が密集しているわきやVIOなどの箇所には高い効果を発揮する事が期待できます。

 

・光脱毛の中では比較的に痛みがある
IPL脱毛の痛みは他の脱毛方法に比べると多少強いです。

 

例え方としてよくあるのはゴムでパチンとはじかれたような痛みであると言われます。VIOなどの毛が密集している箇所は特に痛みを強く感じる事が多いです。

 

・効果に即効性がある
ジェルの効果で脱毛をしていくSSC脱毛と比べると、IPL脱毛は今生えている毛に対して働きかける方法で脱毛をしていきます。

 

その為、他の光脱毛に比べて照射した後の効果を早めに実感する事ができるのが大きな特徴です。ほとんどの場合は1週間程度で抜け落ちてきます。

 

IPL脱毛のメリットは?

IPL脱毛のメリットは以下のものが挙げられます。

・効果実感までのスパンが短く、少ない回数で完了する
・脱毛しながら黒ずみも解消する事がができる
・照射の際に光が拡散するので安全
・一度で広範囲に照射できる

IPL脱毛は光脱毛を行っているサロンの中では一番効果が高いのが特徴です。

 

VIOやわきなどの毛が密集している箇所に関しては多くても10回程度、顔などにある産毛に関しては多くても14回程度照射する事で脱毛が完了します。SSC脱毛などが完了までに12回〜18回前後かかることを考えると完了までの回数は少なく済むのがわかります。

 

さらに、黒に対して反応する為、黒ずみができてしまっている箇所でも施術を受けていく事で薄くすることができます。その為、美肌効果が期待できるのです。それだけではなく、IPL脱毛で使われる光は肌の活性化を促してくれるためフェイシャルエステなどでも使われていて、シミなどを消すのに照射したりします。

IPL脱毛のデメリットは?

逆にIPL脱毛のデメリットは以下のものが挙げられます。

・日焼け肌やほくろなどには照射できない
・個人差があるが産毛への効果が薄い
・他の光脱毛に比べると痛みが強い

黒いメラニンに反応してしまう為、逆にデメリットとしてはホクロや日焼けした肌に照射する事ができないという事です。肌が黒い場合、毛だけではなく、肌に対しても光が反応してしまう事があり、火傷などのトラブルになってしまう事もあります。

 

その為、ほくろがある場合は白いテープで隠して照射をするか、ほくろの周りの数センチ程度は光が当たらないようにして施術を行ってくれます。

 

産毛に関しては個人差があるので、人によっては効果がしっかり現れる事もありますが、中には効果が薄くてあまり実感できない人もいます。産毛はメラニンが薄く、光が反応しにくいことが最大の原因です。その為、中には「何回通っても抜けない」という声もあります。

 

SHR脱毛

一般的に施術を受ける事が多いのはSSC脱毛又は、IPL脱毛だと思います。

 

しかし、その中でも比較的新しくできた脱毛方法が「SHR脱毛」です。

 

上記の2つはどちらも毛根にある毛乳頭などにダメージを与える事で成長を抑制するものでしたが、SHR脱毛はその2つとは違い、光を照射する箇所は毛乳頭ではなく、毛包です。

 

毛穴の中の内側にある毛包といわれる箇所にあり、発毛する為の元となる物質でもある発毛因子が作られているバルジ領域に対して熱を加える事で、バルジに蓄積された熱で発毛因子がダメージを受けて脱毛を抑制させることができるのです。

画像出典元:https://datumou-recipe.com/qa/shr-datumou.html

 

毛乳頭に直接働きかけるものはある程度の強さがないと効果が出にくいのですが、SHR脱毛は光を蓄積させる事で効果を高めていく方法なので、弱い光でも十分に高い効果を得る事ができるのです。

SHR脱毛の特徴とメリット

・痛みのほとんどない蓄熱式の脱毛方法
SHR脱毛はバルジ両機といわれる発毛に必要な細胞を生成している箇所に対して熱をじわじわ与える事でダメージを蓄積させていく上に、弱い光でも十分な効果を出すことができるので、IPL脱毛などと比べた時に痛みがほとんどありません。

 

IPL脱毛のゴムではじかれたように感じる痛みとは違い、ほんのりと温かく感じる程度で脱毛が完了します。

 

・脱毛完了までが速い
上記でも書きましたが毛には毛周期があり、IPL脱毛などはこの毛周期に合わせて脱毛する事で脱毛効果を高めるので、成長期にしか脱毛をする事ができませんでした。その為、2ヵ月おきに脱毛をしなければならないので最低でも2年程度は完了までにかかっていました。

 

しかし、SHR脱毛は、バルジ領域に向けてアプローチをしていく脱毛方法である為、毛周期に関係なく1ヶ月おきに脱毛をする事ができます。

 

・肌が弱くても安心して受けられる
バルジ領域は皮膚の中でもかなり浅い箇所にある為、毛根に向けて照射する方法で使われる光よりも弱い光を使用し、効果を得る事が可能です。

 

その為、肌の表面が急激に温度が上がることがないので、赤みができたり、炎症、火傷などの肌トラブルのリスクがかなり少なくなっています。

 

さらにメラニンに反応して脱毛するタイプの脱毛方法ではない為、日焼けした肌でも照射する事ができます。

SHR脱毛のデメリット

・即効性があまりない
バルジ領域に対してダメージを与える為、今までの毛乳頭にダメージを与える脱毛方法に比べると効果がわかりにくいのが難点です。

 

その為脱毛した後にスルッと抜けるような効果は感じずらく、どちらかというと照射してから2週間後くらいに伸びが遅くなっているような効果を感じるようになります。

 

その為、あまり即効性も高くなく、じわじわと効果を実感していくような感じになります。

 

SHR脱毛は「抜ける」という効果よりは「伸びが遅くなる」という効果が表れてくるため、従来の脱毛方法とは効果に違いがあります。

 

・部位によっては時間がかかる
バルジ領域に対してダメージを与えていく脱毛方法の為、産毛などの毛が薄い箇所には効果が実感しずらく、効果が現れるまでにも時間がかかってしまいます。

 

さらにその逆に、VIOのような太くて密集している箇所に関しても多少時間がかかってしまいます。ただし、今までの脱毛方法は少し違う為、普段は多少遠慮しがちに照射されるIOラインでもしっかりと処理をしてくれます。

 

まとめ

光脱毛によって仕組みは違いがありますし、効果や脱毛方法、アプローチ先なども変わってきます。

 

それぞれに良さがあるので、最終的にはどこまで脱毛をしたいのかで決める方が良いと思います。

 

光脱毛はどの方法にも言えますが、あくまでも抑毛効果であり、完全に生えてこなくなる永久脱毛ではありません。その為、定期的に通う事にはなるので、無料のカウンセリングなどを受けながらじっくり考えて決めてみてください。